Balance&Peace 六車今日子

yogaのこと、日々の流れの心止まった点を気楽に書けたら

ディジュリドゥとyogaのコラボを  ① (響き)

 

f:id:kyokorose-crystalyoga:20170813143620j:plain

先日、ずっと気になっていた場所にもう一度行けました。
(それもその日、一緒だった親愛なる友達と)

ディジュリドゥ奏者、音楽家の三上さんとの再会。 

おもいがけず、またディジュリドゥの響きを体感させていただく。

音が靡き、響きがカラダの微細な空間、奥まで入ってく。
 

通り抜け

後ろからか、前からか、音出されてる場所がわからなくなる程、音に包まれる。 

響きに揺らされ、共栄しだし漠然とした自分のカラダの枠から深く自分でも忘れていた底の細胞までが反応に育んでいくような。

頭、理屈では先に説明できない感覚はあまりにも多くココにもある。

 

ディジュリドゥ
オーストラリア先住民族アボリジニ、彼らが主に儀式で使用する楽器

 

場所、時が整ったらら明石で近くyogaと三上さんの演奏の時間をつくらせてほしい。

是非、その時feeling、タイミングあう方達とご一緒したいです。

よろしくお願いします。 

詳細決まり次第HPにアップします。

my HP ⇒ https://kyokoyoga.jimdo.com/

三上賢治さん(ディジュリドゥ奏者)⇒ 

伺った三上さんのshop ⇒ AvaLon Spiral   

 

 

 

 

 

陰ヨガとクリパルヨガ

 

こんにちは。先週、大阪中崎町にある Kripalu West yoga studioのクラス担当。
この日は特別に陰ヨガクラスをしました。

陰ヨガは流派ではなく、私はクリパルヨガを深めるのにとても必要なヨガなのでさせていただきました。

陰ヨガはポーズ(アーサナ)を静止し行います。ポーズの静止時間は通常3〜5分。できるだけ体を緩め、筋肉を弛感していきます。
静の中に自分をおき、受動的な本来私達が自然にもっているゆとり、静寂さ、骨が治まるところをみていきます。

それは、日本に住む私達には豊かな四季、また季節の変わり目という繊細な流れも体験を得てることの豊かさを陰ヨガをしり改めて気づかされます。

体も感覚も変わらないものはない。

受け入れて、受動的な感覚を養うプラクティスはヨガマットの外、生活にもシンプルな気づき、豊かな体験にしてくれます。

陰ヨガもクリパルヨガも伝えかたは違いますが、似ているところがあり素晴らしい!

陽であるクリパルヨガは動きの中で自分自身の脈動、静から動。動から静のプロセスを大切にします。

一度の体験から、是非つづけることで、より深い自分の繋がり、気づきが増えていきます。

 次回のクラス (8/19) は鈴木千絵ちゃんです。勿論、クリパルクラスです。
クリパルどっぷりの安定したクラス 、ご参加お待ちしています。

 

クラスのお申し込みはこ↓からおねがいします。

https://kripalu-west.jimdo.com/

f:id:kyokorose-crystalyoga:20170810183343j:plain

すこしづつでも

f:id:kyokorose-crystalyoga:20170808001113j:plain

最近、
いえ、随分前から、自分の思考の癖に気づくと一拍、二拍おき、深呼吸がしたい。
大概、そういうときは自分にも優しくなれないとき。
何かと距離をおきたいとき。
観たまま、感じたまま判断する間もなく、こころがガードし硬くなっている。
次に何か大切なことがあったとしても、感覚のまま
まさに「閉店、ガラガラ〜」・・・。
その思考の癖にきづいています。
 
ただ、まだそこに気づいる。
 
それは、今までの体験や経験、こころに残ったものが反応してたり、いろんな固定概念。それをフィルターを通して、パイプを外していくことがまだ出来ないことにも反応している。
 
大人になって
 
気づけるようになって
 
ヨガをしって
 
生の後半になって
 
できること
 
チャレンジすること
 
自分から湧き出てくるものから意識を逸らさずいられる
 
気力と体力がほしい。
 
すこしづつでも
 
確実に。
 
 
 
 
 
広告を非表示にする